メイク術

あごの『たるみ』が目立たなくなるメイクアップ術とは?

女性の場合、メイクを工夫することでもあごの『たるみ』を目立たなくすることができます。いつもと少し違ったファンデーションの塗り方などを試してみましょう。ここでは、顔全体が引き締まって見える化粧法についてお伝えします。

ファンデーションは種類の違うブラシを使って塗ろう

簡単につやを出すことができるのがリキッドファンデーションです。できれば、2種類以上のメイクブラシを使ってあごのたるんだ部分をカバーしましょう。大きさの違うブラシを使うことによって、ファンデーションの厚塗りを防ぐこともできます。自然なつやを演出できれば、光が当たった時に頬の位置を高く見せられる効果が生まれます。

シェーディングの化粧法を使って立体的に見せよう

シェーディングとは、顔に陰影をつける化粧法のことを指します。この技術は、顔を立体的に見せられる効果があります。それによって、あごのたるんだ部分を目立たなく見せることができるわけです。フェイスラインやUゾーンに少し色が暗めのファンデーションを塗って意識的に影を作ります。その後、いつも使っているファンデーションを顔全体に塗るのがおすすめです。それによって、あごの『たるみ』が引き締まった感じに見えてきます。

チークやハイライトの使い方を工夫しよう

ファンデーションを塗り終わったら、頬の部分よりも少し高めの位置に優しくチークをのせるようにしましょう。まず、「う」の言葉を発する時のように口を強くすぼめてみます。その際にできる凹みの上部分にチークを描くのがおすすめです。また、ハイライトは目元に使うことで明るいイメージを演出することができます。さらに、おでこや鼻筋の位置となるTゾーンにも白っぽい色のハイライトをのせていきます。その後、あごのラインをぼかすように工夫しながら、フェイスパウダーを顔全体につけて仕上げましょう。

口紅はキュッと唇の端を上げるように描こう

口元がキュッと上がっているように見せることでも、あごの『たるみ』を目立たなくできます。まず、クリームタイプのコンシーラーを唇の下付近につけます。その後、リップペンシルで少し口角が上がるように唇の両端を描いていきましょう。それから、いつも使っている口紅をそのラインの中に塗っていきます。
シェーディングやチーク、ハイライトの使い方を工夫するだけで、いつもより美しく見せることが簡単にできます。口紅を塗る時にも、ちょっとした手間を加えてみましょう。女性なら、年齢を感じさせないメイクアップ方法をぜひ覚えることをおすすめします。

関連する記事