たるみ改善法

食事の食べ方などを変えることであごの『たるみ』を改善しよう

しっかりと食事を噛んで食べることや姿勢を正して猫背になるのを防ぐことでも、あごの『たるみ』を目立たなくすることが可能です。血液やリンパの流れなどがスムーズになるように、肩こりなどの症状もなるべく解消する努力をしましょう。

ひとくち30回以上は噛む習慣をつけよう

太っている人は、大抵早食いの癖があるというデータがあります。実は、ゆっくりとよく噛んで食べるようにするだけで、ダイエットにもつながってきます。あごの『たるみ』などが気になる場合も、口に入れた食べ物をよく噛む習慣をつけるようにしましょう。それだけでも、自然にたるんだ皮膚が引き締まってきます。できれば、ひとくち30回以上は噛むようにするのがおすすめです。それだけでも、優れたリフトアップ効果があります。

姿勢を正して骨盤がゆがまないように注意しよう

姿勢が悪く猫背になっている人も、あごの『たるみ』が起きやすいといわれています。背筋が曲がっていると骨盤にもゆがみが生じてしまい、さまざまな病気を引き起こしやすくなります。全身を流れる血液やリンパの流れが悪くなり、筋肉や内臓にも悪影響を与えてしまうのは大きな問題です。
頭や首の部分にある血液やリンパの流れが悪くなると自然にあごがたるんだ状態になってしまう可能性もあります。背筋をピンと伸ばして骨盤がゆがまないように注意しましょう。そうすれば、健康的な体の状態を保ちやすくなります。

肩こりは早めに解消することが大切

あごの『たるみ』を気にする人の約90%が肩こりに悩まされているというデータがあります。なぜなら、リンパの流れが肩の付近で滞ってしまうことが多いからです。肩がとても硬い状態のままでは、スムーズにリンパ液が運ばれず、肩の辺りで流れが阻害されてしまいます。結果的に、それがあごのたるんだ状態を引き起こす原因にもなってきます。慢性的な肩こりは、早めに解消するように気をつけましょう。
あごの『たるみ』が気になる人は、とにかくよく噛んで食べる習慣をつけることが大切です。また、柔らかい物ばかりでなく、硬い食べ物も時々食べるようにしましょう。そうすれば、自然とあごの筋肉が鍛えられます。また、背筋をしっかり伸ばして猫背を防ぐことや慢性的な肩こりがあるならそれを解消することにも力を入れてみましょう。

関連する記事